• 交通アクセス

    林間皮フ科クリニック

お車の方はLAPLA駐車場をご利用ください。 3時間まで無料でご利用いただけます。

3階クリニックへはエレベーターをご利用ください。車椅子での受診も可能です。

  • お問い合わせはこちら TEL 046-278-2233

とびひ(伝染性膿痂疹)

診療概要 (

お悩み・症状別

夏に多い病気で、擦り傷、あせも、湿疹、虫刺されの部位に、ブドウ球菌や溶連菌が感染して、皮膚がじゅくじゅくしたり、水ぶくれができたりします。接触によって感染し、あっという間に飛び火のように広がることが名前の由来です。抗生物質を塗り、ガーゼで覆い治療しますが、重度の場合は抗生物質を内服したり、かゆみを伴う場合はかゆみ止めの薬を内服する場合もあります。特に、アトピー性皮膚炎など肌が弱い人は、重症化して発熱などの全身症状を伴うこともありますので特に注意が必要です。

治療上の注意点

  • 皮膚を清潔に保つことが「とびひ」ケアの基本です。
    1日1回は石鹸を使ってシャワーを浴びましょう。入浴やプールは控えてください。

  • 「とびひ」の子供が使ったタオルは、他の子が使わないように注意しましょう。

  • 虫刺されやあせも、湿疹は適切にケアして早く治しましょう。

  • 爪はいつもきちんと切っておきましょう。

  • 鼻の中をいじらないようにしましょう。

  • お医者さんが「薬をやめていい」というまではしっかり治療を続けましょう。良くなったと思って薬をやめると再発することがあります。

このページのトップへ戻る