• 交通アクセス

    林間皮フ科クリニック

お車の方はLAPLA駐車場をご利用ください。 3時間まで無料でご利用いただけます。

3階クリニックへはエレベーターをご利用ください。車椅子での受診も可能です。

  • お問い合わせはこちら TEL 046-278-2233

小児アトピー性皮膚炎

診療概要 (

お悩み・症状別

小児アトピー性皮膚炎は、皮膚科を受診なさる乳幼児・小児の患者さんのなかでも特に多い病気のひとつですが、昔からよくみられるごくありふれた皮膚病です。多くの患者さんは年齢とともに症状が軽くなり、ほとんど症状がなくなることもあります。
以前は、大人になれば自然に治る病気で特別大変な病気とは考えられていませんでした。しかし、近年、アトピー性皮膚炎をめぐって誤った情報、民間療法、その他さまざまなアトピービジネスが宣伝され、多くの誤解と混乱が続いており「アトピー性皮膚炎は大変な病気」との誤った認識が広まってしまいました。こうした現状を改善し、患者さんと家族の生活の質を向上していくには、アトピー性皮膚炎治療に携わる医師の役割が重要で、なによりも患者さんやその保護者と医師の間に良好な信頼関係を築くことが最も大切です。

小児アトピー性皮膚炎の治療の基本

  • 原因・悪化因子の検索と対策

    悪化因子は、アレルギー反応が関係しているものと関係していないものに分けられます。アレルギー反応が関係しているものには、ダニ、ハウスダスト、食物、花粉などの抗原に対するアレルギー、かぶれなどがあります。アレルギー反応が関係しないものとしては、汗の刺激、せっけんやシャンプー、リンス等の科学的刺激、衣類や髪の毛や引っ掻く等の物理的刺激、精神的ストレスなどがあります。これらの悪化因子は患者さんによって異なりますので、アレルギー検査などによって原因検索を行い、可能な限り明らかになった悪化因子を回避・除去することが大切です。
    ※当院では、アレルギー検査として、採血が困難な乳幼児に対して比較的簡単に行えるプリックテストを行っています。

  • 薬物療法

    炎症部位にはステロイド外用薬、タクロニムス軟膏を主に使用し、補助的に抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬の内服を行います。特にタクロニムス軟膏はステロイド外用薬に伴うような皮膚の萎縮や毛細血管拡張といったような副作用もなく、炎症を鎮める強さもステロイドのミディアムクラス〜ストロングクラスと同等ですので、特に顔面、頚部に強い炎症がある患者さんには有効な外用薬です。

  • スキンケア

    スキンケアの意味には清潔のためのスキンケアと保湿のためのスキンケアがあります。特に皮膚のバリア機能を強化するために保湿剤を使用することは、アトピー性皮膚炎の再発・悪化の防止、寛解の維持のために大変重要とされます。

上記3項目は成人型アトピー性皮膚炎と基本的には同じですが、乳幼児・小児においては特に親子関係が非常に重要です。子供に対して過保護になりすぎて、少しでも湿疹を掻いていると「掻いちゃだめ。」と強くしかったりしたときや、子供が親の愛情に飢えている場合、親のささいな言葉や行動に敏感に反応し、発作的に湿疹を掻いてしまうことがしばしば見られます。そのような状況を認識、理解してもらうためにも医師の役割が非常に重要だと考えます。

このページのトップへ戻る