ハイドロキノン

診療概要 (

お悩み・症状別

ハイドロキノンは、メラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤であり、さらにメラニン色素を作るメラノサイトに対して細胞毒性があります。すなわち、しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤で、肝斑や老人性色素斑などのしみの治療に用いられます。トレチノイン(レチノイン酸)と併用することによってより効果が高まります。

  • 当院処方のハイドロキノンクリームにはビタミンC誘導体も配合されており、
    さらなる美白効果が期待できます。

治療例





料金表

ビタミンC誘導体配合ハイドロキノンクリーム 2,000円(5g、約1~2ヶ月分)

※上記料金は税抜き価格です。
※診察のみで薬の処方がない場合は再診料500円がかかります。

このページのトップへ戻る