• 交通アクセス

    林間皮フ科クリニック

お車の方はLAPLA駐車場をご利用ください。 3時間まで無料でご利用いただけます。

3階クリニックへはエレベーターをご利用ください。車椅子での受診も可能です。

  • お問い合わせはこちら TEL 046-278-2233

目の下のくま

診療概要 (

お悩み・症状別

目の下のくまは
【 茶ぐま】・【 青(紫)ぐま 】・【 黒(影)ぐま 】の3つに分類されます。

【 茶ぐま】

メラニン色素が色素沈着をして茶色く着色している状態で、上下のまぶた全体に広がっていることもあります。アトピー性皮膚炎や化粧品のかぶれ、アレルギー性結膜炎、花粉症などで、炎症を繰り返していることが原因となります。

治療法

【 青(紫)ぐま 】

血行不良により、まぶたの下の静脈がうっ血すると皮膚が青く見えてしまいます。また、下まぶたの皮膚はもともと紙のように薄く、さらに加齢とともに皮膚が薄くなったり、頬上の脂肪が減少、下垂したりすることで、下の筋肉の色が透けて見えてしまうことも原因となります。

治療法

  • ロングパルスヤグレーザー(ジェネシス)照射治療法

    コラーゲン線維を作る細胞をレーザー照射で刺激して活性化させます。これによりコラーゲンの増生が促進されます。その結果、目元にハリが出てきて目の下のたるみが解消されてきます。さらに血管の増生を促し、血流を改善させます。

【 黒(影)ぐま 】

目の下の脂肪がもともと多かったり、眼球を支えている靭帯が加齢ともにゆるみ脂肪が押し出されて目の下が膨らみ、影を作って黒く見える状態です。

治療法

  • 美容外科的手術(当院では行っていません。)

このページのトップへ戻る