• 交通アクセス

    林間皮フ科クリニック

お車の方はLAPLA駐車場をご利用ください。 3時間まで無料でご利用いただけます。

3階クリニックへはエレベーターをご利用ください。車椅子での受診も可能です。

  • お問い合わせはこちら TEL 046-278-2233
特殊外来

病名

女性のうす毛

女性にとって髪の毛は非常に重要な外見的要素です。当院にも市販の育毛剤をいろいろ試したけれど効果が認められないという患者さんが受診されることがあります。残念ながら女性用の多くの外用育毛剤の中で、科学的根拠の有無から強く勧められると評価を受けているのはミノキシジルだけです。

当院では市販のリアップレディ(ミノキシジル含有1%)よりも高濃度の5%ミノキシジルの処方を行っています。また、外用のみでは効果が認められない患者さんに対してはミノキシジルの内服薬も処方しています。
ミノキシジルの内服を行う場合は、定期的な血液検査を行う必要があります。詳しくは診察時にご相談ください。

上述のミノキシジルと同等の効果は期待できませんが、医療先進国ドイツで開発されたびまん性脱毛症に効果が実証されている治療薬、パントガールも取り扱っています。特別な組み合わせのアミノ酸、たんぱく質、ビタミンB群などの成分を含み、細胞代謝を促進して健康な毛髪成長を促し、発毛と髪質改善が期待できます。副作用が少ないため血液検査の必要はありません。

ミノキシジルについて

日本では商品名リアップとして発売され、知名度の高い外用発毛剤です。末梢血管拡張作用による血行促進効果のほかに、最近の研究では毛母細胞活性化作用、男性ホルモン変換酵素阻害作用などもあるとされ、それらの作用によって発毛が促進されると考えられています。ミノキシジルは女性の薄毛にも有効で、日本ではリアップレディ(ミノキシジル含有1%)として発売されています。

当院処方のミノキシジルにはリアップには含まれていない以下の有効成分も含まれていて、より強い効果が期待できます。また、今までのミノキシジルに比べアルコールの濃度が薄いため肌の刺激も緩やかです。今までアルコール濃度が高いことにより使用が出来なかった敏感肌の脱毛症患者にも使用が可能になりました。

ミノキシジル以外の有効成分

  • アゼライク酸

    5αリダクターゼ酵素の強力な阻害剤として優れた効果があります。ミノキシジルとの相乗効果として、壮年性脱毛症における頭頂部以外(前頭部の生え際)の脱毛症状にも有効になります。

  • レチノール

    単体では、皮膚の角化作用を正常にし、粘膜を保護する作用があります。ミノキシジルと併用することにより、発毛促進因子を活性化させます。

  • アデノシン

    毛母細胞を活性化させ、発毛促進因子を産出します。

  • プロシアニジン

    毛の成長のもとになる外毛根鞘細胞を刺激します。

パントガールの有効成分

  • ビタミンB1/60mg

    糖の代謝を促進してエネルギーを産生し、神経・筋肉などへエネルギーを供給

  • パントテン酸カルシウム/60mg

    脂肪の代謝や身体構成成分の合成と分解を促進し、毛髪・皮膚・神経組織を正常に保つ
    副腎の機能を助け、副腎皮質ホルモン(抗ストレス作用)の合成を促す

  • 薬用酵母/100mg

    ビタミンB類、たんぱく質、消化酵素などを含み、栄養補給や胃腸薬としても使用されている

  • L-シスチン/20mg

    毛髪・爪・皮膚などをつくる主要成分
    美白効果で有名なL-システインが2つ結合(2分子結合)したアミノ酸の一種(含硫アミノ酸)

  • ケラチン/20mg

    毛髪や爪、皮膚の角質層を形成するための硫黄を含むたんぱく質
    ケラチンの主成分となるアミノ酸は、L-システイン

  • パラアミノ安息香酸/20mg

    皮膚と毛髪を若々しく保つ
    パントテン酸、葉酸と一緒に摂ることで白くなりかかった髪の色を元に戻す作用がある
    ビタミンB群の一種(PABA:Para-aminobenzoic Acid)で、葉酸の形成を助ける

料金表

5%ミノキシジル+α 60ml、1ヶ月分 4,500円
ミノキシジ内服薬(30日分) 9,000円
パントガール(発毛サプリメント、30日分) 8,000円

※上記料金は税抜き価格です。

男性型脱毛症(AGA)

一言に脱毛症といってもさまざまなタイプの脱毛症があり、症状や原因もそれぞれです。例えば、男性ホルモンが大きく関与していると考えられている男性型脱毛症、自己免疫の関与が考えられている円形脱毛症、そのほか内分泌異常、代謝障害、感染症、膠原病、薬剤などに起因する脱毛症などがあります。しかし、多くのひとがそれらの診断、原因対策なしに自己判断で市販の育毛剤のみにたより、思うような効果があげられていないのが現状です。脱毛症の治療はまず的確な診断と原因対策から始まります。

ある会社の調査では、800万人の日本人男性が薄毛を気にしていて、650万人が何かしらの対処を行ったことがあるとの結果を報告しています。すでに世界60カ国以上で使用され、その効果と安全性が実証されている世界初の飲む発毛剤フィナステリド(商品名プロペシア)が日本においても厚生労働省の承認を取得し、2005年から医療機関で処方され始めました。

フィナステリド(商品名プロペシア)について

フィナステリドは、本来は前立腺肥大症の患者さんに投与されていた薬ですが、内服中の患者さんの多くに増毛、発毛が認められたことから新たな研究、調査が行われ、その発毛効果が実証された薬です。男性型脱毛症の原因としては、5αリダクターゼという酵素により男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されますが、このホルモンが男性型脱毛症の原因と考えられています。

フィナステリドは、この5αリダクターゼの作用を抑制することによりDHTの合成を抑え、脱毛を防ぎ、発毛を促進することが明らかにされています。海外の調査では90%に抜け毛の進行を抑える効果、あるいは改善効果が認められています。さらに産毛のような細い毛髪ではなく、自然な太さの毛髪の増加が期待できることもこの薬の特徴です。

ミノキシジルについて

日本では商品名リアップとして発売され、知名度の高い外用発毛剤です。末梢血管拡張作用による血行促進効果のほかに、最近の研究では毛母細胞活性化作用、男性ホルモン変換酵素阻害作用などもあるとされ、それらの作用によって発毛が促進されると考えられています。ミノキシジルは女性の薄毛にも有効で、日本ではリアップレディ(ミノキシジル含有1%)として発売されています。

男性型脱毛症の治療法としてフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの併用療法が最も有効とされています。当院でもフィナステリドと5%ミノキシジルの併用療法をおこなっていますが、当院処方のミノキシジルにはリアップには含まれていない以下の有効成分も含まれていて、より強い効果が期待できます。また、今までのミノキシジルに比べアルコールの濃度が薄いため肌の刺激も緩やかです。今までアルコール濃度が高いことにより使用が出来なかった敏感肌の脱毛症患者にも使用が可能になりました。

ミノキシジル以外の有効成分

  • アゼライク酸

    5αリダクターゼ酵素の強力な阻害剤として優れた効果があります。ミノキシジルとの相乗効果として、壮年性脱毛症における頭頂部以外(前頭部の生え際)の脱毛症状にも有効になります。

  • レチノール

    単体では、皮膚の角化作用を正常にし、粘膜を保護する作用があります。ミノキシジルと併用することにより、発毛促進因子を活性化させます。

  • アデノシン

    毛母細胞を活性化させ、発毛促進因子を産出します。

  • プロシアニジン

    毛の成長のもとになる外毛根鞘細胞を刺激します。

※上述のフィナステリド(プロペシア)の内服とミノキシジルの外用で効果不十分の患者さんに対して、より効力の強いフィナステリド内服とミノキシジル内服の併用療法も行っています。ミノキシジルの内服を併用する場合は、定期的な血液検査を行う必要があります。詳しくは診察時にご相談ください。

料金表

MSD社製プロペシア1箱、28日分 8,000円
MSD社製プロペシア3箱、84日分 22,800円(1箱あたり7,600円)
MSD社製プロペシア5箱、140日分 37,000円(1箱あたり7,400円)
ファイザー社製フィナステリド1箱、28日分 7,400円
ファイザー社薬フィナステリド5箱、140日分 33,500円(1箱あたり6,700円)
5%ミノキシジル外用剤+α60ml
(外用のみの場合)
4,500円
5%ミノキシジル外用剤+α60ml
(プロペシア、フィナステリド内服併用の場合)
4,000円
ミノキシジル内服薬(30日分) 9,000円

※上記料金には初診料、再診料が含まれています。
(ただし診察のみで薬の処方がない場合は、初診料2,000円、再診料500円がかかります。)
※上記料金は税抜き価格です。

治療例




円形脱毛症

一言に脱毛症といってもさまざまなタイプの脱毛症があり、症状や原因もそれぞれです。例えば、男性ホルモンが大きく関与していると考えられている男性型脱毛症、自己免疫の関与が考えられている円形脱毛症、そのほか内分泌異常、代謝障害、感染症、膠原病、薬剤などに起因する脱毛症などがあります。しかし、多くのひとがそれらの診断、原因対策なしに自己判断で市販の育毛剤のみにたより、思うような効果があげられていないのが現状です。脱毛症の治療はまず的確な診断と原因対策から始まります。

原因としては、遺伝的素因説、ストレス説、アレルギー説など諸説ありますが、最近では自己免疫説が有力とされています。自然治癒も多い単発型のほかに、多発型、頭髪がほとんど脱落する全頭型、頭髪を含め全身の毛が脱落した汎発型などに分類されます。

治療法

  • 局所免疫療法(SADBE療法、DPCP療法)

    頭皮に弱いかぶれを繰り返し起こす治療で、難治性脱毛症や広範囲の脱毛症に対する有効な治療法です。安全性も高く小児の患者さんにも行えます。人によってはかぶれや全身性の皮膚炎を起こすこともありますので注意が必要です。

  • グリチロン、セファランチン、抗アレルギー剤などの内服

  • フロジン液、ステロイドの外用

  • 液体窒素冷却療法

    液体窒素によって頭皮を刺激して血行を改善させる方法です。

  • 紫外線療法(PUVA、ナローバンドUVB)

    有効な治療法ですが、長期照射による発癌性の問題もあります。より新しいターゲット型紫外線治療器(エキシマライト)は、PUVAやナローバンドUVBに比較して発癌性の危険性も低く良好な治療結果も得られています。

  • ステロイド局所注射

    皮膚萎縮などの副作用もあるため、難治性の小さな脱毛部に行います。

  • ステロイド内服

    長期投与により全身性の副作用もあるため、他の治療が効かない難治例や重症例に行います。

  • ステロイドパルス療法

    発症して間もない患者さんで、なおかつ急激に進行する場合に入院して短期間に多量のステロイドを点滴する方法です。短期間の投与なのでステロイドの副作用は上述のステロイド内服に比較して少ないといわれています。

治療例

陥入爪・巻き爪

爪の角が皮膚に刺さり、炎症や痛みを起こしている状態を陥入爪といい、爪が横方向に伸びて筒状に丸く変形している状態を巻き爪といいます。原因としては深爪や先の細い靴、ヒールの高い靴、遺伝・体質や外傷などです。痛みが強い場合、刺さっている爪を切ってしまう患者さんが多くいらっしゃいますが、深爪はさらに症状を悪化させる原因になります。

巻き爪の治療法

  • 超弾性ワイヤーを使用した爪矯正

    爪矯正では約1〜2ヶ月に1回のペースでワイヤーを数回付け替えます。
    症状の強さにもよりますが、軽い巻き爪の場合は1回ワイヤーを付けるだけでも平らな爪になります。
    自費診療になります。

  • フェノール法

    比較的簡単で術後の疼痛や再発も少ない方法です。外来で行うことができて術後すぐに歩いて帰宅できます。
    保険適応があります。

陥入爪の治療法

  • コットンパッキング

    コットンを食い込んでいる爪の下につめる方法で、つめる時痛みがあるのが欠点です。

  • アンカーテーピング法

    弾力性のあるテーピングを爪が食い込んでいる部分の皮膚に固定して、もう一方を指の回りにらせん状に引っ張るように貼って食い込みを軽くする方法。

  • ガター法

    局所麻酔を行い食い込んでいる爪の下に点滴チューブなどを挿入してアクリル樹脂で接着・固定する方法です。短期間で痛みの軽減が得られます。保険適応があります。

  • 爪の形状や経過によってはフェノール法を行うこともあります。

爪矯正料金表

診療料 5,000円
再診料 2,000円
超弾性ワイヤー代 1ヵ所 1,000円
手技料 1ヵ所 1,000円

※ワイヤーが取れてしまった場合、前回受診日から2週間以内の受診であればワイヤー代1,000円のみで付け直しいたします。
※上記料金は税抜き価格です。

爪水虫(爪白癬)レーザー治療

爪水虫の治療には内服薬(抗真菌剤)が一般的です。爪の奥に存在する病巣にまで塗り薬が浸透し難いからです。しかし、内服薬にも注意点や欠点があり、内服できない、あるいは内服したくない患者さんもいらっしゃいます。
以下の項目が当てはまる患者さんに対して、爪水虫に対するレーザー治療は有効な治療法の一つです。

爪水虫のレーザー治療の適応となる方

  • 過去に抗真菌剤の内服薬や外用薬等による爪白癬治療で効果が無かった。

  • 副作用の心配から抗真菌剤の内服薬の使用に抵抗がある。

  • 現在肝機能障害がある、または妊娠中等の方。

  • 現在内服している薬との飲み合わせが悪く内服治療ができない。

  • 過去に抗真菌剤の内服薬で肝機能障害等の重篤な副作用があった方。

  • 定期的な血液検査が負担

爪水虫のレーザー治療の特徴

  • 約1ヵ月に1度のペースで数回の治療で終了なので内服治療よりも通院回数が少なくてすむ。

  • 麻酔なし行うことができ治療時に熱さを感じるが痛みはほとんどない。

  • 治療の有効率は70〜90%(内服治療と同程度、100%ではない)

  • 肝機能障害などの副作用はないため血液検査は不要

  • 妊娠中でも治療可能

  • 併用注意や禁忌の薬剤がない。

  • 保険診療ではありませんので費用は全額自費になります。

今まで種々の理由で爪白癬の治療をあきらめていた方にお勧めの治療です。
お気軽にご相談ください。

料金表

基本料金 8,000円
爪1個につき 2,000円

※上記料金は税抜き価格です。
※1回の治療料金です。

ウイルス性イボのレーザー治療

最も一般的に行われる液体窒素による凍結療法は、治療時のみでなく治療後も強い痛みが持続するのが欠点です。
また、足底や爪周囲の大きくて深さのあるイボは、凍結療法などの通常の治療が非常に効きにくい傾向があります。中には数年間一般的な治療を受けても治らない患者さんもいらっしゃいます。
このような場合に当院では2種類のレーザーを使用したイボの治療を行っています。
イボで長期間お悩みの方はお気軽にご相談ください。

ジェネシス(ロングパルスNd:YAGレーザー)による治療

ジェネシスは主に、お肌の引き締め、小じわ、毛穴の開き、にきび痕、毛細血管拡張症、目の下のくまなどの治療に使用されるロングパルスNd:YAGレーザーです。このレーザーによってイボの栄養血管にダメージを与えイボを消失させる治療法です。治療中は一瞬の痛みを数回から数十回(イボの大きさによる)感じますが、治療後の痛みは全くありません。2〜4週間に一度の通院が数回必要です。(ただし、治療回数には個人差があります。)

料金表

長径5mm未満 3,000円
長径5mm以上〜10mm未満 5,000円
長径11mm以上〜16mm未満 7,000円
長径16mm以上〜21mm未満 10,000円
長径21mm以上 5mmごとにプラス3,000円

※1回の治療料金です。
※上記料金は税抜き価格です。

炭酸ガス(CO2)レーザーによる治療

主に足底の大きくて深さのあるイボの治療に有効です。
局所麻酔を行ってその後レーザーでイボをしっかり除去する方法です。治療後は皮膚に欠損部ができるので傷がふさがるまでの10日前後の間軟膏処置が必要になります。最も短期間で治療が完了する方法です。(ただし、再発の可能性もあります。)

料金表

直径5mm未満 15,000円
直径5mm以上〜10mm 25,000円
直径11mm以上〜15mm 35,000円
直径16mm以上〜20mm 50,000円
直径21mm以上 5mmごとにプラス10,000円

※同部位2回目以降は半額で治療させていただきます
※別途麻酔代がかかります。
※上記料金は税抜き価格です。

このページのトップへ戻る